FXのスワップアービトラージと呼ばれる取引方法のポイント

FXのスワップアービトラージと呼ばれる取引方法のポイント

FXのスワップアービトラージ

FXで損失を出さずに資産運用を考えた時に代表的な手法となるのがアービトラージでしょう。

ただ、FXのアービトラージには2種類あるのですが、より現実的に利用できるのがスワップアービトラージになります。ここではFXにおけるスワップアービトラージを詳しく見ていきましょう。

端的にお伝えしますと、FXのスワップアービトラージとは業者間のスワップ金利の差を利用して稼ぐ方法です。

基本的にスワップ金利はロングポジションを保有して長期に渡って運用することが望ましいのですが、為替変動リスクが存在します。

この時に異なる業者でロングとショートの両方のポジションを保有しておくことで、そのリスクを避けることが可能です。つまり、FXのスワップアービトラージはできるだけリスクを減らして稼ぐことができる方法だと考えて良いでしょう。

その方法としては簡単で買いスワップと売りスワップの差を利用するだけになります。仮にA社で買いスワップが50円、B社で売りスワップが30円だとすれば、A社でロング、B社でショートという形で投資をしましょう。

買いスワップと売りスワップの価格差

ここで1つ疑問になるのが買いスワップと売りスワップの価格差でしょう。FXで取引をしたことがある人であれば、疑問に思うかもしれません。

そもそも各通貨の取引価格を比較すると、基本的に買いよりも売りの方が高くなっていることが多いからです。しかし、FXでは様々な業者があるので、中にはこの買いスワップと売りスワップが同じ価格という業者も存在します。

そうした業者を利用することでFXのスワップアービトラージは成立すると考えて良いでしょう。

もう一方の相場の価格差を利用したやり方は、FX業者の規約によって禁止されている行為になりますが、こちらはそれに該当しません。ですので、安全に取引できるのが特徴です。

FXのスワップアービトラージと呼ばれる取引方法のポイント

このFXにおけるスワップアービトラージの手法は広く知られています。ですので、業者間でのスワップポイントそのものが狭まってきており、少し前に比較すると稼ぎにくくなっているのが現状です。

特にレバレッジを最大倍率までかけると、年利で10%は期待できることもありました。ただ、スワップ金利そのものは各国の経済状況などによって左右されるものですので、日々変動を繰り返しています。

ですので、タイミングさえ良ければまだまだ稼げる手法であると言って良いでしょう。FXのスワップアービトラージの方法は異なる業者間でロングとショートの2つのポジションを持つだけで実現できます。

特に難しい手法ではないので、安全に資産運用をしたいのなら知っておいて損はありません。

関連記事

  1. アービトラージ取引をするなら注意したいデメリット

    アービトラージ取引をするなら注意したいデメリット

  2. 仮想通貨のアービトラージでほぼ確実に資産を増やせるの?

    仮想通貨のアービトラージでほぼ確実に資産を増やせるの?

  3. bitcoinのアービトラージならどれくらい稼ぐことが出来るのか

    bitcoinのアービトラージならどれくらい稼ぐことが出来る…

  4. アービトラージの意味とは?ほぼ元本保証に近い投資なのか

    アービトラージの意味とは?ほぼ元本保証に近い投資なのか

  5. FXでアービトラージ取引をする方法とそのメリットデメリット

    FXでアービトラージ取引をする方法とそのメリットデメリット

  6. アービトラージで安全に資産運用しよう・はじめ方をご紹介

    アービトラージで安全に資産運用しよう・はじめ方をご紹介