アービトラージ取引をするなら注意したいデメリット

アービトラージ取引をするなら注意したいデメリット

アービトラージのデメリット

安全に資産運用ができる方法として注目を集めているのがアービトラージ取引です。

損失を出すことなく取引ができるのならメリットしかないのではと思われがちですが、実はアービトラージ取引にもデメリットは存在しています。そこでアービトラージ取引におけるデメリットを見ていきましょう。

アービトラージ取引の基本となるのは異なる2社間での利率の違いです。この利率の違いを見つけるということが、実はかなり手間と時間がかかります。

なにを対象にしてアービトラージ取引をするのかでも異なってきますが、いつも発生するものではないからです。中には有料のツールなども存在していますが、それでもいつもアービトラージ取引ができるわけではありません。

また、取引のチャンスがきたとしても一瞬で終わってしまうケースも少なくないので、それを逃がさないためにも準備を怠ることができません。

結果、四六時中アービトラージ取引のチャンスを伺っていないと成立しなくなっていますので、とても手間と時間がかかってしまうのです。

ローリターン

先述のようにかなりの手間と時間をかける必要があるアービトラージ取引ですが、もう1つのデメリットがあります。それはローリターンという点です。

資金が大量にあればローリターンでもある程度の稼ぎを出せるかもしれません。しかし、アービトラージ取引のような安全な資産運用を考える人は、基本的に資産がまだ少ない人でしょう。

アービトラージ取引をするなら注意したいデメリット

損失を出せないからこそ安全な取引をしようと考えますので、大きな資金をもってアービトラージ取引はできません。

結果、手間と時間をかけたとしてもそれに見合う稼ぎを得ることができないのが問題になってきます。下手をすれば時給換算で数百円以下になることも珍しくありませんので、その点は覚えておきましょう。

アービトラージは業者に嫌われる

最大のデメリットになるのがアービトラージは業者に嫌われるという点でしょう。なにを対象にアービトラージ取引をするかでも、その対応は異なってくるのですが基本的には嫌われる行為であると考えてください。

業者からすれば、アービトラージ取引はとても卑怯な方法だからです。結果、最悪の場合ですと業者から出入り禁止といった処分がなされるケースもあるほどです。

時間と手間をかけ、出入り禁止のリスクを負ってまで取引をしても、その稼ぎは少ないという可能性は否定できないのがアービトラージだと言えるでしょう。

安全な資産運用方法とされるアービトラージですが、そう上手く稼げる手法ではありません。時間と手間がかかる上に稼ぎは少ないですし、さらには業者に目をつけられてしまうデメリットが存在します。

それでも損失を出さずに資産運用ができるのは大きな魅力かもしれませんが、難しい方法であることは覚えておきましょう。

関連記事

  1. ブックメーカーでのアービトラージ取引はやっても良いの?

    ブックメーカーでのアービトラージ取引はやっても良いの?

  2. FXのスワップアービトラージと呼ばれる取引方法のポイント

    FXのスワップアービトラージと呼ばれる取引方法のポイント

  3. アービトラージで安全に資産運用しよう・はじめ方をご紹介

    アービトラージで安全に資産運用しよう・はじめ方をご紹介

  4. bitcoinのアービトラージならどれくらい稼ぐことが出来るのか

    bitcoinのアービトラージならどれくらい稼ぐことが出来る…

  5. アービトラージの意味とは?ほぼ元本保証に近い投資なのか

    アービトラージの意味とは?ほぼ元本保証に近い投資なのか

  6. 仮想通貨のアービトラージでほぼ確実に資産を増やせるの?

    仮想通貨のアービトラージでほぼ確実に資産を増やせるの?