元本保証でしかも高利回りの金融商品を探してみよう

元本保証でしかも高利回りの金融商品を探してみよう

高利回りの元本保証

原則として元本保証の金融商品は利回りが低くなります。積極的に資産を運用したい時にはお勧めできませんが、安全に利益を出したい時にはお勧めできる投資方法です。

そこで元本保証の中で高利回りの金融商品を紹介してみましょう。貯蓄型保険は終身保険や個人年金保険などが代表的です。

契約時に定められた一定期間、保険料を支払って積み立てていき、保険料払込期間が終わった後に解約をすれば返戻金を受け取れる仕組みになっています。

貯蓄型保険は支払いをした保険料の総額よりも、戻ってくる返戻金や満期金が大きくなるのが特徴です。返戻率が110%を超えるものもありますので、元本保証の金融商品としては利回りが大きい方でしょう。

ただし、1つ注意しておきたいのが保険料の払込期間中に解約をしてしまうケースです。飽くまでも満期まで支払うことで元本割れを防ぐことができる商品ですので、途中解約をしてしまうとリスクが大きくなってしまいます。

ちなみに年齢を重ねてから契約するほど返戻率が低くなるので、20代や30代の内に利用するのがお勧めです。

元本保証と利回りが期待できる金融商品

元本保証を考えた上で利回りが期待できるといえば国債は外せません。国債とは国が発行する債券のことで、個人向けには年に4回発行されます。

実際に募集が開始されると直ぐに売り切れてしまうほど人気が高いので、チャンスは逃さないようにしましょう。特に国債の中でもお勧めしておきたいのが10年満期の変動金利型です。

半年に1度金利の見直しが行われるようになっており、その都度その都度で金利そのものが変動します。

ただ、一般的な固定金利の国債よりは高い利回りが期待できますので、元本保証の中でもお勧めだと言えるでしょう。

元本保証でしかも高利回りの金融商品を探してみよう

国債と似たような金融商品として地方債があげられます。地方債とは国が発行するのではなく、地方自治体が発行する債券です。

仕組みとしては国債と同じになっており、購入すると満期時には元本と金利を受け取ることができます。地方債には市場公募地方債と住民参加型市場公募地方債の2つがあります。

住民参加型の方は発行団体のある地域に住んでいる人しか購入できません。が、市場公募地方債ならば一般的に公募されていますので、どなたでも購入できるのが特徴です。

基本的に地方債は満期日が長くなればなるほど利回りが高くなります。待てる時間があるのなら20年や30年満期の地方債は高利回りです。

元本保証の金融商品は利回りが低いことが特徴です。しかし、国債や地方債といったものや貯蓄型保険などは比較的に利回りが高く、それでいてリスクが低くなっています。

関連記事

  1. 実はあった?元本保証で運用できる株の特長について

    実はあった?元本保証で運用できる株の特長について

  2. 元本保証の投資でも複利運用なら億単位も目指せる?

    元本保証の投資でも複利運用なら億単位も目指せる?

  3. 投資初心者におすすめ!元本保証の資産運用術

    元本保証で安全に運用できる投資の方法と特長について

  4. 貯金するくらいなら元本保証の投資を始めるべき理由

    貯金するくらいなら元本保証の投資を始めるべき理由

  5. 元本保証のある投資信託で安全に資産運用する方法とは

    元本保証のある投資信託で安全に資産運用する方法とは

  6. 元本保証の投資をするならおすすめの保険選びについて

    元本保証の投資をするならおすすめの保険選びについて