海外の元本保証の金融商品ってどうなの?怪しくないのか

海外の元本保証の金融商品ってどうなの?怪しくないのか

海外の元本保証商品

元本保証の金融商品は国内のものだけではありません。海外でも元本保証となっているものがありますが、馴染みがないだけに怪しいと考える人も多いでしょう。

そこで海外の金融商品で元本保証のあるものを解説してみます。海外の金融商品で元本保証となっているものも幾つかあるのですが、その内容は元本確保となることがほとんどです。

元本確保とは契約時の条件を守ることで満期日になると元本が確保されるという仕組みの金融商品になります。

多くの金融商品でその条件は契約途中での引き出しができないなどです。つまり、一度契約をすると満期になるまで支払いをするだけだと考えてください。

その分、満期日なると掛け金の140%が保証されるなどの形となっています。日本国内で元本保証のついた金融商品を選ぶとなると、安全度は高い反面で利回りがかなり低くなってしまいます。

しかし、海外の金融商品であればある程度の利回りを確保しつつも、その安全性も期待できるでしょう。

海外の金融商品

海外の金融商品は元本を確保しつつも積極的に運用するのが原則です。日本国内では安定運用が基本となるので利回りが低いのですが、海外では資金を積極的に運用していくので利回りが高いと言えます。

ただ積極運用が裏目に出てしまうケースもあり、その場合は安定運用に切りかえられますので、大きく損失を出すことがありません。

ただ、1つ注意したいのがこうした元本確保の金融商品はオフショアで取り扱っているのが多い点です。オフショアは規制が緩和されている地域となりますので、詐欺を働く悪質な業者も少なくありません。ですので、きちんとした業者と提携することが大切になってくるでしょう。

海外の金融商品では詐欺まがいのものも少なくありません。そうした金融商品に引っかからないためのポイントとしては、やはり利回りを確認するべきです。

海外の元本保証の金融商品ってどうなの?怪しくないのか

年率にして何%を保証するといったような内容を謳うものもありますが、そこまで稼げるファンドは存在しません。

ですので、高い利回りが良いと思われる気持ちもわかりますが、現実的な数字を出している業者の方が堅実だと言えるでしょう。

ちなみに業者選びについては日本国内に代理店を持っているところもありますので、そうした信頼しやすい業者を選ぶのが重要だと言えます。

海外では元本保証というよりは元本確保となる金融商品が多いです。特にオフショアで扱われているのですが、たしかに悪質な業者も存在します。ですので、正規の認可を受けている業者と契約するのが重要なのです。

関連記事

  1. 元本保証の確定拠出年金を利用・節税対策にもなる?

    元本保証の確定拠出年金を利用・節税対策にもなる?

  2. 元本保証の投資をする場合に覚えておきたいデメリットとは

    元本保証の投資をする場合に覚えておきたいデメリットとは

  3. 元本保証のある投資信託で安全に資産運用する方法とは

    元本保証のある投資信託で安全に資産運用する方法とは

  4. 貯金するくらいなら元本保証の投資を始めるべき理由

    貯金するくらいなら元本保証の投資を始めるべき理由

  5. 投資初心者におすすめ!元本保証の資産運用術

    元本保証で安全に運用できる投資の方法と特長について

  6. 元本保証の投資をそれぞれ比較・優れているのはどれ?

    元本保証の投資をそれぞれ比較・優れているのはどれ?