元本保証?リスクはないの?iDeCo(イデコ)について

元本保証?リスクはないの?iDeCo(イデコ)について

元本保証のイデコ

近年になって注目を集めている投資方法の1つがイデコです。個人型確定拠出年金のことを指すのですが、リスクはないのでしょうか。ここではイデコについて詳しく見ていきます。

イデコとは端的にお伝えしますと、個人が加入する年金になります。ただ年金を運用するのが国ではなく、一企業となっているのが大きな特徴です。

加入者が月々の掛け金を積み立てし、その掛け金で投資信託や定期預金や保険などの金融商品を運用します。その結果、60歳になって受け取ることができる資産が違ってくるという形です。

基本的には元本保証であるともいえますが、なにを選択するかによって元本割れする可能性もあります。

ちなみに運用できる金融商品はイデコを提供する金融機関によって異なりますので、目的のものがあるかどうかで判断すると良いでしょう。

イデコのメリットデメリット

イデコを利用する最大のメリットは税金を安くできることです。安全な運用を目指す場合にイデコは大きく稼ぐことはできません。しかし、この税金を安くできるという意味合いだけでも、実はかなり大きく得をすることになります。

イデコで毎月積み立てをする掛け金ですが、これは全額所得控除の対象です。つまり所得税や住民税の負担を減らすことができるのです。

昨今では増税ばかりで手取りが減ったと気になる人も多いでしょうが、サラリーマンでもできるお手軽な節税対策がイデコになります。手続きとしても年末調整や確定申告をするだけですので、お手軽なのも嬉しいポイントでしょう。

所得税の税率は収入によって異なってきますが、自営業者の場合はより恩恵を受けやすいかもしれません。ちなみに資産運用をして得ることができた利益に税金がかからないのも、イデコならではのメリットだと言えます。

元本保証?リスクはないの?iDeCo(イデコ)について

メリットの大きいイデコですが、実はいくつかデメリットもあります。その中でも最も大きいのが60歳までは資産の引き出しができない点でしょう。積み立てをした資産を運用していくイデコですが、途中で現金を引き出すことができません。

また、原則として契約途中に解約することも認められていませんので、確実に現金が使えるのは60歳以降となってしまうのです。また、イデコは口座を作ったり維持するのにも手数料がかかってしまいます。

手数料はそこまで大きくない金額ですが、手数料がかかるのはデメリットだと言って良いでしょう。イデコは個人型確定拠出年金のことを意味します。

毎月積み立てをして、その資産を加入している金融機関が提供する商品を選んで運用していくのが目的です。老後の資産形成を考えた時には、最も手軽なものの1つだと言えます。

関連記事

  1. 元本保証で確実に儲かる債券へ投資してみよう・その特長は?

    元本保証で確実に儲かる債券へ投資してみよう・その特長は?

  2. 実はあった?元本保証で運用できる株の特長について

    実はあった?元本保証で運用できる株の特長について

  3. 銀行で利用できる元本保証の投資対象の種類について

    銀行で利用できる元本保証の投資対象の種類について

  4. 元本保証の投資をする場合に覚えておきたいデメリットとは

    元本保証の投資をする場合に覚えておきたいデメリットとは

  5. 元本保証のある投資信託で安全に資産運用する方法とは

    元本保証のある投資信託で安全に資産運用する方法とは

  6. 元本保証の確定拠出年金を利用・節税対策にもなる?

    元本保証の確定拠出年金を利用・節税対策にもなる?