元本保証の投資をそれぞれ比較・優れているのはどれ?

元本保証の投資をそれぞれ比較・優れているのはどれ?

元本保証の比較

日本人は資産運用を考える上で損失を出すのを嫌います。結果、損失が出ないための保証として元本保証を望むことが多いのです。

そこで元本保証の投資についてそれぞれを比較して、優れているものを紹介していきましょう。日本国内での安全な資産運用を考えた場合、取れる選択肢はいくつかあります。

その中でも最もリスクが低いのは銀行へ預金をすることです。銀行の預金は資産運用ではなくて当たり前のことではと考える人も多いのですが、実はそうではありません。

わずかながらも銀行へ預金することで金利がつきますので、ほぼ安全な資産運用だと言えるでしょう。

原則として元本保証となっていますし、銀行が倒産するなどのリスクを考えなければ最も安全に投資できる手段です。ただし、ご存じの方も多いでしょうが利回りそのものは低くなっています。

定期預金や貯蓄預金、仕組預金などのような多少金利の高いものもありますが、全体的に見れば低い方だと言えるでしょう。

利回りの良い元本保証の投資

元本保証の投資を考えた時に利回り面でも有利だとされるのが国債です。特に個人向けの国債はその安全性の高さが魅力だと言えるでしょう。

基本的に日本という国が財政破綻をしない、または世界各国からの信用がなくならない限りは元本割れをすることがないからです。

完全に元本保証がされるということはありませんが、比較的に安全度は高いと言えるでしょう。国債には変動10、固定5、固定3といった3種類が存在します。

固定3と5については金利が固定されているもので、数字は満期までの年数です。変動は半年ごとに金利が見直しされるもので満期が10年になります。

元本保証の投資をそれぞれ比較・優れているのはどれ?

昨今ではマイナス金利の影響で利回りは低くなっていますが、銀行預金よりは高いといえるでしょう。ちなみに個人向けの国債なら1万円単位で購入できるのも魅力です。

国債よりも元本割れをするリスクは高くなるのですが、比較的に利回りが有利となっているのが社債です。社債とは国や地方自治体ではなく企業が発行する債券のことになります。

購入後に満期まで保有することで元本に金利が償還される仕組みです。基本的に社債を発行した企業が倒産などをしない限りは元本が償還されるのでリスクとしては低いでしょう。

社債には普通社債と転換社債、ワラント債の3つがあります。この3つの中で最も代表的なのが普通社債で、固定金利がついたもので満期までの一定期間ごとに利子を受け取ることが可能です。

元本保証での投資をそれぞれ人気のある商品を比較してみました。安全度で言えば銀行への預金、利回りが低くても確実なのが国債です。そして利回りを重視したいのなら社債を利用するのが良いでしょう。

関連記事

  1. 元本保証のファンドへ投資する場合に注意したいポイント

    元本保証のファンドへ投資する場合に注意したいポイント

  2. 元本保証の投資で期待できる一般的な年利はどれくらい?

    元本保証の投資で期待できる一般的な年利はどれくらい?

  3. 貯金するくらいなら元本保証の投資を始めるべき理由

    貯金するくらいなら元本保証の投資を始めるべき理由

  4. 元本保証?リスクはないの?iDeCo(イデコ)について

    元本保証?リスクはないの?iDeCo(イデコ)について

  5. 元本保証で運用できるオフショアの特長と探し方とは

    元本保証で運用できるオフショアの特長と探し方とは

  6. 投資初心者におすすめ!元本保証の資産運用術

    元本保証で安全に運用できる投資の方法と特長について