元本保証の投資をする場合に覚えておきたいデメリットとは

元本保証の投資をする場合に覚えておきたいデメリットとは

元本保証投資のデメリット

元本保証のある投資に魅力を感じる人は少なくありません。日本人の国民性か、投資で損をするのは嫌だと考える人が多いからです。そこで元本保証の投資をする際にはどんなデメリットがあるのか知っておきましょう。

利回りの少なさ

元本保証の投資における最大のデメリットになるのが利回りの少なさでしょう。元本が保証されているという点は安全で良いのですが、その反面で利益を出しにくくなっています。

長期的に安定した資産運用を目的とするのなら、元本保証の投資はとても効果的です。しかし、短期間で利益を得たいと考えるのであれば、元本保証の投資は避けた方が良いでしょう。

特にここ数年は経済的な状況からマイナス金利にもなっています。ですので、元本保証があればほぼ利回りについては期待できないといえるのです。

年利にして1%に満たないケースがほとんどですので、預金よりはマシという程度に考えておくと良いでしょう。

長期の満期

元本保証の金融商品の特徴としては長期の満期ものが多い点です。換金をしようとしてもすぐにはできないものが多いので、満期日まで待つしかありません。

途中で解約をするなどをして現金化することも商品によっては可能です。しかし、その場合は元本割れをするケースもあるので注意してください。

原則として元本保証のある金融商品は長期にわたって運用することを主軸としているので、この点もまたデメリットだと言えるでしょう。

ちなみに元本保証の投資の中でも人気が高い債券などは10年単位で満期を迎えるものも少なくありません。

元本保証の投資をする場合に覚えておきたいデメリットとは

貯蓄型保険などになると60歳になるまでは現金化できないので、投資をする前にきちんと確認するようにしてください。

基本的に投資というのはその時その時の経済状況に大きく左右されます。ですので、長期に渡って安全な運用をするのは難しいといえるでしょう。

そこで安定した運用ができる元本保証が出てくるのですが、やはり長期な運用を目指すことになるので、20代や30代に向いた投資だと言えます。

反対に40代や50代などになってくると、元本保証による長期的な運用をする意味が薄くなってくるのです。結果として若いときほど有利になるのが元本保証の投資をする時に覚えておきたいデメリットの1つだと言えます。

投資をする上で魅力的なのが元本保証です。この元本保証のデメリットといるのが利回りの低さになります。元本が保証される分、仕方がないとも言えるのですが、商品によってはほぼ金利が0%なことも珍しくありません。

関連記事

  1. 貯金するくらいなら元本保証の投資を始めるべき理由

    貯金するくらいなら元本保証の投資を始めるべき理由

  2. 元本保証の投資をそれぞれ比較・優れているのはどれ?

    元本保証の投資をそれぞれ比較・優れているのはどれ?

  3. 元本保証でしかも高利回りの金融商品を探してみよう

    元本保証でしかも高利回りの金融商品を探してみよう

  4. 元本保証?リスクはないの?iDeCo(イデコ)について

    元本保証?リスクはないの?iDeCo(イデコ)について

  5. 海外の元本保証の金融商品ってどうなの?怪しくないのか

    海外の元本保証の金融商品ってどうなの?怪しくないのか

  6. 元本保証で確実に儲かる債券へ投資してみよう・その特長は?

    元本保証で確実に儲かる債券へ投資してみよう・その特長は?